ブログ

ページの価値を知る方法 〜Googleアナリティクスのコンテンツ分析〜

ページの価値とは

Googleアナリティクスのコンテンツメニューにある「ページの価値」という指標についてどれだけ理解されているでしょう?

名前の通り、ページの価値を見るための指標かなというのは理解できますが詳しく知っておきましょう。

Googleアナリティクスの指標にある「?」をマウスオーバーすると以下のような説明がでてきますね♬
※下画像の右赤枠部分の「?」のことです。

コンテンツメニューイメージ

The average value of this page or set of pages. Page Value is ((Transaction Revenue + Total Goal Value) divided by Unique Pageviews for the page or set of pages)).

eコマース機能を利用している場合、以下のような式になります。

(eコマースの収益+合計コンバージョンバリュー)÷ページ別訪問数

ここで、コンバージョンバリューというものが何かということについてですが、言い換えると「目標値」です。

アナリティクス設定>目標で設定ができるものが目標値で、1件のコンバージョンについての金額的価値を入れるというモノです。

例えば、1件のセミナー申し込みというコンバージョンが起こると、2000円の価値があるといった感じです。

もし、金額的価値をいれることが難しいビジネスをされている場合はいれなくてもかまいません。

そのようなケースというのは、1件の問合せ(コンバージョン)が起こった時に客単価がかなり変動(受注金額が10万円の場合もあれば、1000万円にもなるといったケース)する場合です。

「ページの価値」の計算例

では、(eコマースの収益+合計コンバージョンバリュー)÷ページ別訪問数を具体的に数値を入れて考えてみましょう。

収益:10000円(10000円の商品が1個売れた)

目標値:未設定

ページ別訪問数:1000

上記の場合、(10000+0)÷1000=10となります。

つまり、「そのページのページの価値は10円」ということです。

「ページの価値」についての解説スライド

ページの価値解説1

ページの価値解説2

「ページの価値」を見る場合の注意点

ページの価値を見る場合の注意点としては、同一階層のページごとに見ることです。

コンバージョンに近いページ(一般的には階層が深くなります)であればあるほど、ページの価値は高くなります。

つまり、階層が異なると比較することが難しいということになります。

いかがでしょうか。

そのページがどれだけ価値があるのかを知るためにある指標です。正確な見方を理解するようにしましょうね。

助成金で受講する

ウェブ解析士、上級ウェブ解析士、Googleアナリティクスの講座を厚生労働省の助成金を活用して受講することができます。

助成金活用の詳細を見る

Webマーケティング資格問題集

デジタル分野のマーケティング資格を、
問題形式で学習できるアプリが登場しました。

お電話でのお問い合わせ

受付時間 平日10:00~17:00
メールは24時間受付 info@gaiq.jp

TEL.03-6863-4805

フォームでのお問い合わせ

弊社サービスに関するご質問、お問い合わせなど
お気軽にお寄せください。