ブログ

GoogleアナリティクスのAdWordsツリーマップ

GoogleアナリティクスのAdWordsツリーマップ機能

GoogleアナリティクスのAdWordsツリーマップ機能β版がリリースされました。
(2014/11/21)

《集客》メニュー ➡ AdWords ➡ ツリーマップ

【この記事について】
読む時間:約5分
1.AdWordsのツリーマップ機能概要
2.ツリーマップの画面遷移
3.メインの統計情報とサブの統計情報について
4.まとめ
備考:AdWordsのキャンペーン/グループ/キーワードについての説明は省略しています。

1.AdWordsのツリーマップ機能概要

ツリーマップは、「メインの統計情報」「サブの統計情報」を指定することにより、面積と色でAdWordsk広告流入を確認することができる機能です。
※メインの統計情報とサブの統計情報については後述

2.ツリーマップの画面遷移

ツリーマップの画面遷移は【キャンペーン➡グループ➡キーワード】となっており、各画面のキャンペーン名、グループ名をクリックすることで画面遷移されます。

キャンペーン(初期状態はキャンペーンごとの画面になっています)

GoogleアナリティクスのAdWordsツリーマップ1

グループ

GoogleアナリティクスのAdWordsツリーマップ2

キーワード

GoogleアナリティクスのAdWordsツリーマップ3

3.メインの統計情報とサブの統計情報について

メインの統計情報とサブの統計情報
ツリーマップの画面上にある「メインの統計情報」「サブの統計情報」はそれぞれ面積、色や彩度で表されます。

メインの統計情報
プライマリ指標は量的な指標で、長方形の大きさで表現されます。

サブの統計情報
セカンダリ指標は相対的な指標で、色や彩度で表現されます。緑は良好、赤は悪い状態を表しています。セカンダリ指標は、緑色が濃くなるほど良好、赤が濃くなるほど悪い状態という意味になります。

指標例)
セッション 対 直帰率
セッションの多さを面積で、直帰率の良し悪しを色で表します。

セッションVS直帰率
収益 対 ROAS
Eコマースサイトにおける収益の高さを面積で、ROASの良し悪しを色で表します。
ROAS(Returen On Ad Spend) = 売上 ÷ 費用 × 100

収益 VS ROAS
費用 対 平均注文額
費用の大きさを面積で、平均注文額の良し悪しを色で表します。

費用VS平均注文額

4.まとめ

ツリーマップを使うことによってAdWordsの費用対効果、訪問数やインプレッション(広告の表示回数)、CTR(クリック率)などを評価することができます。

皆さんも使ってみましょう♬

《関連する教育トレーニング》
見たい数字にたどりつくメニュー操作 Googleアナリティクス初級トレーニング
さまざまな分析 Googleアナリティクス中級トレーニング

助成金で受講する

ウェブ解析士、上級ウェブ解析士、Googleアナリティクスの講座を厚生労働省の助成金を活用して受講することができます。

助成金活用の詳細を見る

Webマーケティング資格問題集

デジタル分野のマーケティング資格を、
問題形式で学習できるアプリが登場しました。

お電話でのお問い合わせ

受付時間 平日10:00~17:00
メールは24時間受付 info@gaiq.jp

TEL.03-6863-4805

フォームでのお問い合わせ

弊社サービスに関するご質問、お問い合わせなど
お気軽にお寄せください。