ブログ

Googleアナリティクスで時間別、曜日別の分析をする方法

Googleアナリティクスを使用し、時間帯別分析をする場合、ちょっとしたコツが必要になります。今回は時間と曜日の関係を分析したい際にカスタムレポート、Excelのピボットテーブル、条件付き書式を活用する方法について解説をします。

AndroidのGoogleアナリティクスアプリ

AndroidのGoogle公式アプリ「Googleアナリティクス」は移動時のサイト状況確認、日別分析をする際には便利なアプリです。

Google Play Googleアナリティクスアプリのページはこちら

Google Play「Googleアナリティクス」アプリの画面

Googleアナリティクスアプリにある時間別、曜日別レポート

Googleアナリティクスアプリのサマリー ➡ 行動 レポートには時間と曜日の関係を知るためのレポートが用意されています。このレポートはパソコンやタブレットから見るGoogleアナリティクスのレポートにはありません。

時間×曜日のレポート(Googleアナリティクスアプリ)
Googleアナリティクスアプリの時間×曜日レポート

時間×曜日のレポートを作成する手順

Googleアナリティクスで時間×曜日のレポートを作成するには以下の4つの手順で作成をします。

《STEP1》 曜日の名前と時をディメンションとしたカスタムレポートを作成する

《STEP2》 作成したカスタムレポートから期間を設定しExcel形式にエクスポートする

《STEP3》 Excelのピボットテーブル機能を使って時間と曜日の関係の表を作成する

《STEP4》 条件付き書式機能を使って色を付ける

それでは、各ステップをみていきましょう。

《STEP1》 曜日の名前と時をディメンションとしたカスタムレポートを作成する

カスタムレポートを以下のように作成します。

手順1[カスタムレポート]から[新しいカスタムレポート]をクリックします。
カスタムレポート作成の画面1

手順2[レポートのタイトル][タブの名前][レポートの種類][ディメンション][指標]を指定します。
カスタムレポートの設定画面2
①レポート名はわかりやすい名前にしましょう。

②1つのカスタムレポートには5つのタブを作成することができます。タブ名はわかりやすい名前にしましょう。

③レポートの種類はエクスプローラ、フラットテーブル、地図表示を選択することができます。今回はフラットテーブルを選択しましょう。

④ディメンションを[曜日の名前]と[時]にしましょう。
※ディメンションとは分析したい視点のことをいい、今回は曜日と時間ごとのレポートを作成したいためこの2つを指定しています。

⑤指標はどのような数値を見たいかによって指定を変えましょう。例えばセッション(訪問数)や直帰率、目標の完了数(コンバージョン数)、ECサイトの場合はトランザクション数や収益などを設定します。

《STEP2》 作成したカスタムレポートから期間を設定しExcel形式にエクスポートする

手順1 作成したカスタムレポートを表示させ、レポート右下にある行数を250行にします※補足:時間は24時間、曜日は7種類あるため、24×7=168行となり、250行にしています。
Googleアナリティクスの行数

手順2 レポート右上にあるボタンからExcel形式でエクスポートする
Googleアナリティクスのエクスポート画面

《STEP3》 Excelのピボットテーブル機能を使って時間と曜日の関係の表を作成する

手順1 Excelでピボットテーブルを作成します。
Windows Excel2010の場合:[挿入]タブ ➡ [ピボットテーブル]ボタン
WindowsのExcelピボットテーブルメニュー

Mac Excelの場合:[データ]タブ ➡ [ピボットテーブル]ボタン
Excelピボットテーブルメニュー

手順2 ピボットテーブルでフィールド、値をドラッグして指定する
行エリア、列エリア、値エリアにそれぞれ以下のようにドラッグして指定します。※今回はセッション(訪問数)をみることにします。以下の画面はMac Excelの画面キャプチャですが、Windows Excelでも同様の操作になります。
ピボットテーブルのフィールド指定

《STEP4》 条件付き書式機能を使って色を付ける

Excelの条件付き書式を使用し、セッションの多いセルを濃くします。
※Windows Excel、Mac Excel共通
[ホーム]タブ ➡ [条件付き書式]ボタン ➡ [カラースケール]
Excelの条件付き書式メニュー画面

完成サンプルはこのような感じです。
レポート完成サンプル

さいごに

ピボットテーブル上で値エリアに”収益”を入れれば、収益に高い時間×曜日がわかります。
皆さんも一度作成してみてくださいね。

《関連する教育トレーニング》
さまざまな分析 Googleアナリティクス中級トレーニング
伝わるアクセス解析レポーティング Googleアナリティクス中級トレーニング

助成金で受講する

ウェブ解析士、上級ウェブ解析士、Googleアナリティクスの講座を厚生労働省の助成金を活用して受講することができます。

助成金活用の詳細を見る

Webマーケティング資格問題集

デジタル分野のマーケティング資格を、
問題形式で学習できるアプリが登場しました。

お電話でのお問い合わせ

受付時間 平日10:00~17:00
メールは24時間受付 info@gaiq.jp

TEL.03-6863-4805

フォームでのお問い合わせ

弊社サービスに関するご質問、お問い合わせなど
お気軽にお寄せください。